シミュレーション編

ステップ0:問題を解くために必要な知識の確認を行います。

  • シミュレーション問題を解くために必要な知識を有していることをプレテスト(穴埋め問題)で確認します。
  • このプレテストが解けたら、シミュレーション問題を解ける前提知識を有していることになります。
  • このプレテストが解けない場合には、問題に関係する項目を教科書やマニュアルなどで調べてから、再トライすると、スムーズに解くことができるはずです。








ステップ1:医療事故発生の状況を考えます。

  • 実際に起こった医療事故の現場のイラストを見て、状況を考えます。
  • 気になる点をイラスト上で指定します。
  • 必要があればヒントを参照します。
  • この時点で、分からなくても大丈夫です。最後に同じ問題が出題されます。以降の問題を解きながら、徐々に事例を理解していき、正解が得られるように学習します。









ステップ2:危険を取り除く方法を考えます。

  • 危険を取り除くにはどの様な行動をとればよいか、動詞群と目的語群のそれぞれを組み合わせ文を作ります。
  • この中で最優先の文を答えとします。
  • 右の動詞群の中から正解を選び、左の動詞の欄にドラッグ&ドロップして文を完成させます。
  • 必要があればヒントを参照します。
  • 事例により問題数は1~2問となります。









ステップ3:適切に処置しないと何が起こるかを考えます。

  • 適切に処置しないと何が起こるかを穴埋め問題を完成させることで考えます。
  • 左の選択肢から正解を選び、空白部分にドラッグ&ドロップします。
  • この事例の医療的な手順、背景、ガイドライン等の復習から、適切に処置を行わなかった場合に発生する可能性がある事象について具体的に学んでいきます。









ステップ4:どの様な危険が潜んでいるかを考える。

  • ステップ1と同じ問題が再度表示されます。
  • 確認すべき場所をイラスト上で指定します。
  • 必要があればヒントを参照します。
  • ステップ2,3で学んだことを生かして、問題を解いてみましょう。必ず解けるはずです。








ステップ5:実際の事例から考えます。

  • 実際に発生した医療事故の事例、背景要因の概要、改善策が表示されます。










次:コース内容

関連ページ


株式会社AXISのeラーニング教材のブランドです。