看護必要度評価コースとは

   eスクエアの 看護必要度評価コースは、看護必要度の基礎から各評価項目まで自分のペースで学習できるeラーニング教材です。院内研修用や自学自習用としてご利用できます。

eスクエアの看護必要度評価コースでは、看護必要度の各項目の定義、選択肢の判断基準等を分かりやすく解説しています。
各学習単元は【定義】→【解説】→【確認テスト】で構成されています。【定義】では、厚生労働省が提示している看護必要度の各評価項目を示しています。【解説】では【定義】だけでは分かりづらい看護必要度の項目の定義、選択肢の判断基準、留意点等をビデオ、写真、図表を多く用いて詳しく解説しています。【確認テスト】では、【定義】【解説】で学習したことが身についていることを確認します。

なお、【定義】【解説】では、ナレーション(字幕付き)を併用しており理解を助けています。また、それぞれの単元は5分以内で学習が完了するように設計されており、ちょっとした隙間時間にも学習ができるようになっています。学習の最後には、修了テストやビデオを用いた応用テストで理解度を確認ができます。
   eスクエアの 看護必要度評価コースと集合研修とを組み合わせることで、効果的で効率的な研修が可能となります。受講者は看護必要度の基本的な知識を学習し、理解した上で集合研修に臨みます。このため、受講者が看護必要度の知識を有していることを前提として、集合研修を行うことができます。この中で、特に重要な評価項目や分かりづらい評価項目を重点的に解説できます。また、質疑応答に多くの時間を割くことができ、充実した集合研修が可能となります。

   この結果、受講者の看護必要度への理解が深まり、看護必要度の評価のバラつきを少なくすることができます。また、研修指導者の看護必要度に関する教材作成や研修準備にかかる負担が軽減され、トータルな研修コストの削減も期待できます。


次:看護必要度評価コースの内容

関連ページ


株式会社AXISのeラーニング教材のブランドです。